top of page

STREAMING SERVICES

​ライブ配信サービス

定額料金はやらないこと決め、
やれることに集中することから始まりました

ライブ配信で
このような
お悩みはございませんか?

AMPでは、

業務用小型機器の導入を中心に、運搬、機材管理費を

抑えると共に、クルーの活動エリアを絞り込むことで交通費削減、

移動時間などのクルー負担を減らすことで
ハイクオリティの配信を提供しております

お客様にはコンテンツの中身づくりに

集中頂ける様、徹底効率化をしました

PXL_20211113_032959024.jpg

Empowering Your Journey

AMPの強み

01

クルーはプロのカメラマンを採用

ライブ配信の良いところはその場限りの限定感はもちろん、アーカイブが残ることもメリットの一つとして挙げられます
アーカイブを資産として活用いただく為に業務経験のみではなく、カメラマンとしての腕、スイッチャーのセンスを持ったクルーを配置

効率に頼りがちな業務的な画作りだけではなく、映像としての美しさも追求していき、お取引先に見せたくなるような映像をお届けします

02

配信機材の統一と効率化

配信業務を行う流れは事前のお打ち合わせ、当日(セッティング1h〜2h、配信〜2h、撤収1h)、納品の3ステップがございます
セッティングを効率化するため4Kセンサを
積んだ配信機材の統一をし、万が一のトラブルでも迅速に対応ができる仕組みを導入しております

03

予約、人員配置の効率化

予約管理システムの導入により、人件費の削減、配信担当は各種オペレーター、ディレクターが担当、お打ち合わせは基本的にオンラインで対応し、時間、

諸経費などのコストを抑えております

OUR BEST PLANS

3つのベストプラン

DSC00156.JPG

STARTER

スタータ

登壇者数2名程度の簡易的な

ウェビナー、資料スライドを

使っての講義や講座、

発表会社内発表会など

IMG20230623191513_edited.jpg

STANDARD

スタンダード

登壇者さん3名以内のウェビナー、

商品説明会、株主総会などお名前や

商品説明のテロップを出したり、

参考映像を挿入するなどの

オリジナルな配信

IMG_3730.JPG

PROFESSIONAL

プロフェッショナル

登壇者が5名以上で、テーマや

演者さんごとにテロップを送出、

複数人の演者さんを一枚の画面に

合成、クロマキー合成を

使って本格的な番組制作

LIVE STREAMING FLOW

ライブ配信までの流れ

配信をご依頼いただく中で我々でできること、
お客様ご自身でご用意いただくものをまとめてみました

01

ご依頼

会場、資料内容が決まっている場合はこちら

プランから選択お願いいたします
会場、資料がまだの場合は​チャットもしくは
お問い合わせフォームよりご相談ください

02

お打ち合わせ

事前に配信内容が決まっている場合は
すり合わせ、配信内容を伺い、どのプランが最適か、
どういったプラットフォームが
最適かなどご提案させていただきます

03

ご依頼

会場、資料内容が決まっている場合はこちら

プランから選択お願いいたします
会場、資料がまだの場合は​チャットもしくは
お問い合わせフォームよりご相談ください

bottom of page